HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2015年3月アーカイブ

院長ブログ 2015年3月アーカイブ

こんな間違いしていませんか?

from:治療院

 

「先生、家で何かできることありませんか?」

治療に前向きで熱心な患者さんがよくする質問です。

 

でもチョット待って!

その前に大事なんことがあります・・・

 

今から5年ぐらい前に来ていた

20代女性の患者さんのこと

 

美容皮膚科でビタミンC注入ているので

お金が掛かって大変とのこと

 

美容に気を使っているんだなと思って聞いていたら

何か違う・・・・

 

実はこの女性、喫煙の習慣があって

タバコを吸うのでビタミン注入をしている。

 

それって違うやん!

思わず言ってしまった・・・・

 

喫煙により肌の酸化(老化)を早めることは

大半の女性なら知っているはず・・・

 

実際、この女性も知っていました。

 

じゃ何でタバコを吸うことをやめないのか?

 

タバコをやめれば、タバコ代だけでなく

美容皮膚科代も浮いてくるのに・・・・

 

肌の老化だけでなく、

繰り返しおこる腰痛や肩こりが治らないのは

 

身体の問題だけでなく

あなたの行動に問題があります。

 

身体にいいことをたくさんしても

問題のある行動(使い方)を

改善しない限り治らないのは当たり前です。

 

病気や症状は、
そんな問題行動に
気付くために発症するんです。
images-3.jpg


イチロウとの散歩・・・

From:治療院

 

朝、愛犬ロンを連れて散歩に出掛けたときのこと

何だかロンがソワソワしている。

 

理由は簡単、今日はいつもと違う人が

一緒に散歩をしているからだ。

 

それがイチロウ・・・

 

実は、我家の長男、

未だ大学からの合格通知が来ず、

後期試験に向けて悪戦苦闘中。

 

一浪で済むか

二浪になるのか?

 

それが結構プレッシャーになっているようで、

その気分転換に「一緒にに散歩するわ・・・」とのこと、

 

この歩くということ

実は寿命とも深く関係がしているようで、

 

米国主体の9件の追跡調査に参加した、

65歳以上の高齢者

34,485人(平均73.5歳)のデータを分析した結果、

 

歩行速度が速いか遅いかで、

その後の生存率に

大きな個人差があるということが分かりました。

 

私たちはふだん何気なく歩いていますが、

この歩行速度が高齢者にとって

その後の寿命を予測する目安になるということは、

 

今当たり前に出来ていることすべてのことに感謝をして、

今後もそれが当たり前にできるように努力する。

 

これが日々の健康管理で

これが当たり前にできるようになれば

ピンピンコロリと逝ける・・・

 

これって当たり前か・・・・


1

« 2015年2月 | メインページ | アーカイブ | 2016年1月 »

このページのトップへ