HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2015年1月アーカイブ

院長ブログ 2015年1月アーカイブ

老いる恐怖

先日、母の治療で実家に寄ったときのこと

 

テレビで認知症のお母さんの面倒を

みている娘さんが紹介されていた。

 

このお母さん、もともとは大和郡山市で一人暮らしを

していたのがだんだん認知症状が酷くなり

 

大阪の娘さんが引き取って面倒を

みるようになったと紹介されていた。

 

へぇ~大和郡山に居てはってんや・・・

と思いテレビを見ていた。

 

実の娘を罵倒するその顔は

目がつり上がり、まるで鬼のような形相だった。

 

そして元気だったころの写真が画面に出たとき

○○さんや!私は思わずつぶやいた・・・

 

それこそ15年くらい前になるだろうか

うちの治療院通院されていた患者さんだった。

 

あんなに穏やかだった人が

ここまで豹変するのかと思うと

老いることに対して恐怖を感じる。

 

現在、80才以上の4人に1人が

認知症になると言われています。

 

自分の親はもちろん

今、通院して頂いている患者さんとっても

 

寝たきりや認知症は、

もはや他人事ではない。

 

まずは自分自身がそうならないように

最大限の努力をしないといけない。

 

健康とは自己責任です。

 

しかし、健康を損なうとあなたの大切な人に

大きな負担を与えることになります。

互いのために頑張る・・・

それがあなたの責任です。

 

そんなあなたのサポートをするのが私たちの仕事です。

 

だからずっと来続けてください!


1

« 2014年11月 | メインページ | アーカイブ | 2015年2月 »

このページのトップへ