HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年7月アーカイブ

院長ブログ 2014年7月アーカイブ

何・・・これ?

なに・・・これ?

From:治療院

 

 

先日、仕事から帰るとリビングに

20センチ四方の発泡スチロールのケースが置いてあった。

 

なにかと思いなかを覗き込むと、

水草が水に浮かんでいた。

 

家内に「なに・・これ?」と聞くと

「友だちから、メダカの赤ちゃんをもらってきてん・・」とのこと。

 

よく見ると5ミリぐらいの稚魚がたくさん泳いでいる。

 

私がジッとながめていると、横から家内が

「目がクリッとしてかわいいやろ!」と言うので

 

思わず「老眼で見えへんわ・・・・」と答えた。

 

「なんや・・じっと見ているから見とれてるんかなと思った。」

と追い討ちをかけて言うので

 

「見えへんから、ジッと見ててん・・」と答える私・・・

 

最近、よくある我家の1シーン・・・

 

老眼の正式名称は「老視」といって

まさしく目の老化で、20代から始まっています。

 

焦点を調節する筋肉が

伸び縮みし難くなって起きる症状です。

 

目を動かすことで軽減されると言われていますが

いいとわかっていても、実践しないことが多い。

 

なぜか?

 

簡単です・・・

老眼鏡をかければ見えるからです。

 

改善する努力をしなくても老眼鏡を掛ければ

差しあたりそんなに支障がない。

 

だから実践しないのです。

 

美容も健康も事前に予防する方法はあります。

肝心なのは、それを実践するかしないかです。

 

肉体は消耗品です。

あなたが気付かないうちに

どんどん老化していることをお忘れなく・・・



Suinaメルマガ「ザ・エイジング」の登録はこちらから
https://39auto.biz/believe5661/registp.php?pid=2


首が痛いときの対処法

首が痛い方へ・・・

From:治療院

 

先日、ロータリークラブの奉仕活動で

夏祭りの手伝いに行ったときのこと

 

その日は、ジュースとビールの

販売をすることになっていた。

 

4時から始まりほとんど途切れることなく

売り続けた。

 

一番の人気はラムネ!

子供たちが次から次へとラムネを買っていく。

 

4時間ほどで完売。

 

日頃やり慣れていないことをしたので結構疲れた。

おかげで今日はぐっすりと眠れそうだ。

 

夜、床に就く

でもなかなか寝つけない・・・

 

うつ伏せで寝ようとすると首が痛い・・・

左を向くと激しい痛みではないが痛む。

 

右を向くのは大丈夫だ。

 

眠いながら楽なポジションをさがす。

左の肩の下に枕をあてると痛みが楽になる。

 

このように、肩の下に枕をあてると肩の重みが軽減される。

首の筋肉は首から肩にかけて繋がっている。

 

だから、寝ていて首が痛むようなときは、

痛みの出る側の肩の下に枕をかますと楽になることが多い。

 

首が痛くて寝つけないときは一度お試しください!


Suinaのメルマガ「ザ・エイジング通信」の登録はこちらから
https://39auto.biz/believe5661/registp.php?pid=2


暑い日の過ごし方

From:治療院

 

先日、あまりにも暑かったので

コンビニでフラッペを買った。

 

支払いをしにレジに行くと

「あたためますか?」と店員さんに聞かれた・・・

 

私は思わず「これアイスやろ・・・?」

と聞き返した。

 

すると「これは、少しあたためて食べるとおいしいので・・・」

と説明され納得した。

 

でも、このままでも食べれるというので

そのまま持って帰ることにした。

 

家に帰って、容器に目をやる。

500Wで45秒と書いてあった。

 

半分溶かして食べると美味しく食べれるようだ。

 

でも、やっぱり冷たいのが食べたかったので

20秒だけチンした。

 

チンしたフラッペを一口・・・

おいしい!

 

「温める」という言葉のイメージとは違い

冷たくておいしい!

 

言葉のイメージは大きい・・・

人間は言葉によって行動が変わる。


「暑くてしんどい・・・」とか

「もう歳だから仕方がない・・・」

なんて、日頃から言葉にしている人は

 

老け込むのも早いし、

施術の効果も上がりにくい。

 

もしあなたが、

「いつまでも若々しく活動的でいたい!」とか

「繰り返す症状と縁を切りたい!」と思っているなら、

 

日頃からプラスのイメージが持てる

言葉を使うことをおすすめします!

 

言葉を管理することは

健康管理につながるということをお忘れなく!
IMG_0513.jpg


NHKスペシャルで見たんですが・・・

From:治療院

 

先日、NHKスペシャルを見ていると

認知症についてやっていたので

そのことをシェアします。

 

認知症が本格的に発症するまでには

5年程、初期の段階があり、

 

その初期の段階で、ある薬を飲むと

進行を遅らせることができるとわかった。

 

その薬とは、高血圧の薬とインシュリンです。

 

このどちらかを飲んでいると

認知症の進行を遅らせることができるというのです。

 

今後、日本で認知症なる可能性がある人数は、

65歳以上で4人に1人の割合です。

 

そんな認知症を予防するには、

運動、減塩、禁煙が効果的で

 

脳梗塞や心筋梗塞などを予防するのと

同じ取り組みをすることで回避できる。

 

言い換えると、脳梗塞や心筋梗塞の人は

認知症にもなるということです。

 

イギリスのある地方では、予防することに

報酬を加算するようにしたことによって、

 

医師が患者を積極的に指導管理するようになり

その結果認知症の人が40%も減った。

 

今、日本の医療制度では、

病気になってから報酬が加算される。

 

病気なってからも大切だが、

病気にならないための予防を国策にしなくては、

 

病人の数は、ますます増え続け

医療費を抑えることはできないであろう。

 

いずれにしても、生活習慣病を予防することで

認知症も予防できるのであれば希望がもてる。

 

やっぱり適度な運動はいくつになっても大切だ!


結婚式に出席したときのこと・・

 結婚式に出席したときのこと・・・

From:治療院

 

先日、スタッフの結婚式に出席したときのこと

主賓として挨拶をお願いされたので

お祝いの言葉を述べさせてもらった。

IMG_0473.JPG

実は私、この主賓の挨拶では少し苦い思い出がある。

 

職場の後輩の披露宴に招待されたときのこと

社長が仲人をしていた加減で、私に主賓の挨拶が廻ってきた。

当時27歳・・・!

丁度、新婚生活をしていたころ

まだまだ、世間知らず・・・・

 

なので一応、本で色々調べると

主賓の挨拶は原稿を読まない方がいいと

書いてあった。

 

失敗のないよう原稿を作成し

当日に備えて必死に覚えて練習をする。

 

いよいよ当日、自分の結婚式のときより緊張していた。

 

そして、挨拶のときがやってきた。

結婚する本人より緊張しているのでは

 

「○○君、○○さん、ご結婚おめでとうございます。」

と、よかったのはここまで・・・

 

頭の中が急に真っ白になり

その後、沈黙の時間が流れる。

今となっては、

どういう風に終えたのかも覚えていないが、

後輩のビデオには今でも鮮明に残っているだろう。

 

私は、現在46歳ですが、

結婚披露宴では、私よりも年配の方がお話されることが多い、

 

そんなときに話題になるのが、

「○年前にがんを患った・・・」とか健康面での話しだ。

40代では少ないが

50代を過ぎると急に増えているように思う。

結婚して、子供ができて、

その子供たちを成人させ。

 

さあ、これから自分たちの人生を楽しむ・・・

そんなときに体の問題がおきる。

 

どうして・・・・?

 

これは、それまで無理を体力でなんとか

カバーしていたが、体力がなくなって(老化)きた

ことで色々の問題が表面かしてきたということ。

 

だから間違いなく、近い将来あなたにもその時がきます。

 

だから、今まで何十年と

体を使ってきたことを自覚して

 

早めに老化を予防するのがおすすめです!


夏の収穫祭

夏の収穫祭

From:治療院

 

先日、自宅でひも唐辛子の収穫をした。

 

これもスイカと同じく

今年から始めた野菜作り、

 

スイカと違って

植えたあとは放ったらかしでこれだけ採れた。

IMG_0397.jpg

夏の暑い時期は

トマトに冷や奴、

 

そしてこのひも唐辛子か枝豆があれば十分です。

 

いずれも体の内にこもった

熱を取るのに効果的な食べ物で、

 

そのうえビタミンCが豊富で

抗酸化作用に優れているので老化予防にもなる。

 

なぜ、抗酸化作用に優れていると

老化を予防するのか?

 

それは、活性酸素が大量に発生すると

生体組織を損傷し、酸化ストレス障害を生じさせます。

 

活性酸素は、糖尿病、白内障、がん、肺気腫、アルツハイマー病以外に

生活習慣病を中心として病気、障害の90%以上に関与しています。

 

だからビタミンCやビタミンEを積極的にとることは、

病気や障害のリスクを低下させるだけでなく、

 

老化、しわ、シミの生成を遅らせる。

タバコや汚染物質の影響を抑える。

などの効果を期待することができます。


仙台からの帰りのこと・・・

From:治療院

 

先日、仙台に行ったときのこと、

帰りの飛行機19時仙台発。

 

空港に着き手続きをすませ

両手一杯にお土産も買い。

あとは飛行機に乗るだけ。

 

最終便ということもあって

たくさんの人が待っていた。

 

どこからか

「松井稼頭央がおった」と言う声が聞こえてきた。

 

どこ?と思い

辺りをキョロキョロする。

 

すると、ダーク系のスーツを着た

わりと体格のいい人たちが結構いる。

 

楽天の選手・・・?

 

あまり顔を知らないので、確信が持てない。

松井選手は、どこ・・・

 

キョロキョロするが見つからない。

 

するとやっと見たことのある選手がいた!

嶋や! と心の中で一人つぶやく・・・・

 

残念ながら、あとの選手は顔がわからない。

 

結局、松井選手は見れないまま

多くの人と一緒に飛行機に乗り込む・・・

 

キャビンアテンダントに迎えられ

一番前の少し大きめのシートを通り過ぎようとしたとき

 

居た! 松井稼頭央や!

とまた心の中でつぶやく・・・・

 

やっぱり、よう稼いでいる選手は

いい席に座るんだなと思った。

 

でも、本当に贅沢だけで座っているのだろうか?

 

確かに、他の席とくらべればお金も掛かる。

でも、余分にお金を支払う変わりに

ゆったりとした空間で移動することができる。

 

その結果、体に余分なストレスをかけないで済む。

 

スポーツ選手にとって体は資本だ。

だからこそ、人よりも気を使うのは当然なんだと思った。

 

でも、みんなが出来るわけではない。

ごく一部の選手しか限られたシートには座れない。

 

これが、現実だ!

みんな平等ではない。

 

健康もそうだ!

デスクワークの仕事もあれば

外で炎天下で働く人もいる。

 

みんな環境はバラバラです。

 

でも、そんな環境の中

どうやって自分健康を維持していくのか?

 

食事、運動、精神この3つを

コントロールするのかがとても重要。

 

何に、時間とお金を使うのか・・・・

 

若い時はともかく、40歳を過ぎれば

自分の健康のことを真剣に考えたほうがいい。

 

糖尿病、がん、脳梗塞、認知症は

もはや他人事ではない・・・

 

自分のためではなく、家族のためにも

元気であり続ける責任があることをお忘れなく!


地震だ!

From:治療院

 

地震です!地震です!緊急避難情報!

携帯の避難メールで目が覚める。

 

ここは、仙台市内のビジネスホテル、

時刻は午前4時27分。

今日はロータリーの奉仕活動で石巻に行く予定だ。

IMG_0401.jpg

テレビをつけると津波に警戒してください。と言っている。

そして、日和山公園(石巻)に避難している人がいた。

 

津波は大丈夫?と少し心配になる。

「ここは、仙台で6階の部屋だから大丈夫・・・」

と自分で再確認する。

 

再び寝ようとするがなかなか寝付けない。

 

ピッピッピピ、ピッピッピピ・・・・

いつの間にか寝ていたみたいで

アラームの音で再び目が覚めた。

 

まあ、何事もないようでよかった・・・

 

もし私が、石巻で津波を体験していたら、

たぶん違う行動をしていたかもしれない。

 

人は、体験から学ぶ。

 

健康管理もそうだ。

 

大病を患った経験のある人は、

ちゃんと自己管理をするが、

 

その他大勢の人は、そうでもない・・・

 

健康は永遠ではないと

頭では、わかっていても行動に移さない。

 

残念ながら失って

初めて気づくものなのかも知れない・・・


ガツガツ氷を入れて飲む日本酒

From:治療院

 

先日,家内と買い物に行ったときのこと

ビールを買うためにお酒の量販店に入った。

 

この酒屋さん色んな種類のお酒がおいてあるので

見ているだけで楽しい。

 

その日、ふと目を奪われたのが

「ガツガツ氷を入れて飲む日本酒」

と書いてある。

IMG_0398.jpg

そのキャチコピーに誘われ飲んでみたくなったので

一つ買ってみた。

 

その晩、さっそく家で飲んでみる。

 

大きめのグラスに氷をたくさん入れて注ぐ

すだちが入っているためか少し柑橘系の色をしている。

 

匂いはフルティーな香りで日本酒の匂いはしない。

やさしく口にそそぐようにして飲む。

 

うむっ・・・ジュース?

と思うぐらいお酒の味がしない。

 

酒好きには少し物足らない感じがするが

甘過ぎずスッキリと爽やかな感じで

グイグイ飲んでしまいそうな味だ。

 

でも、イメージしていた味とは少し違う。

 

最近、ノンアルコールビールがで出してから

お酒かジュースかよく分からないものがよくある。

 

ノンアルコールの酎ハイ?

なんて意味がわからない。

 

それやったらジュースでええやんと

思う・・・

 

どういう目的で飲むのか・・・・

ノンアルコールの酎ハイを買う人の目的は?

購買心理はどんなものなんだろうか?

 

意識をしているかどうかは別にして

人の行動にはすべて理由がある。

 

生存本能は

その中心にあるといっても過言ではない。

 

本能でなんとかして生きようとする。

 

でも、病気は別だ。

生活習慣、心と体の使い方の問題です。

 

慢性的な症状で悩んでいる人は、

心と体の使い方を変えれば楽になります。

 

 

PS

そのためのアドバイザーが必要なら

いつでもご相談ください。

 


しまった!

しまった!

From:治療院

 

ある雨の日のこと

その日は夜明けから結構降っていた。

朝の散歩をおえて庭へ行く。

 

今年から始めたスイカ作り

スイカの成長を見に行くのが朝の楽しみだ。

 

ない・・・・

いつも蔓にぶら下がっているスイカがない。

 

恐る恐る目線を下に向けると

そこには丁度、ハンドボールぐらいの大きさに

成長したスイカが落ちていた。

 

ショック・・・

 

ああ・・・もっと早くに対策をしておけばよかった

ショックと同時になんだかスイカに対して

申し訳ない気持ちになった。

 

やらなければいけないのに

ついつい後回しになってしまうことがよくある。

 

人間とは楽に流される生き物なので

面倒なことをあと回しにする傾向がある。

 

その最たるもの健康管理だ。

 

自分がやがて歳をとって

老いてくることはみんな分かっている。

 

でも、そのために

何か対策(予防)をしている人は少ない。

 

ほとんどの人が

何か病気になったときに後悔している。

 

ああぁ、もっと早くにちゃんとしておけばよかった・・・

 

そうならないためににも

自分が70、80になったときの姿を

強くイメージするのが効果的。

 

あとは、そのイメージ通りの自分になるために

今、出来ることをやるだけ。

 

どういうふうに歳を重ねるかはあなた次第です!


12

« 2014年6月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ