HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年5月アーカイブ

院長ブログ 2014年5月アーカイブ

誰のせい・・・?

From:治療院

images-4.jpg

 

今日の記事は結構過激なので

もしかすると気を悪くするかもしれない。

 

でも一番大切なことなので書くことにした。

 

先日治療に来た初診の患者さん、

仕事が忙しくたまたま時間があいたので来たと言う感じ・・・

 

この時点ででもうアウト!


よくよく話しを聞いてみると

毎晩仕事が終わって帰宅するのが11時

朝は6時に起きてまた仕事

休みは日曜日だけ

 

そんでもってトラックに乗る仕事をしていて

日頃から腰に負担を掛けていることが多い。

 

主訴は腰痛で以前にも接骨院やカイロプラクティスに行ったことはあり、

行けばそのときは楽になる。

 

でもまた痛くなるので

なにか違う治療方法があればと思い当院を受診

 

この方の場合、治療を受けた時は良くなる、

でもまた痛くなる・・・

 

なんでまた痛くなるの・・・?

治療があわない・・・?

 

それともどこか違うところに問題がある?

他にもっといい治療方法があるのでは? 

と思う。

 

これは、治療があわないわけでも

どこか違うところが悪い訳でもない。

 

なぜならこの方の場合、

治療を受けて一旦症状は改善しているからだ。

 

でもまたすぐに再発するのはなぜか?

 

それは、体の使い方や仕事の環境などが変わらないので

また、再発しているだけなんです。

 

痛みを繰り返している人の一番の問題は

誰がその体を管理しているのかを認識していないことです。

 

悪いのは体ではなくてあなたの使い方に問題があるんです。

 

大体考えてみてください。

毎日朝早くから夜遅くまで腰に負担のかかる仕事をして

休みは日曜日だけ・・・

 

若い頃ならまだ無理もきくが

腰が痛くならないほうが珍しい・・・・

 

そこを改善しない限りが痛みとは

縁を切ることは出来ない。

 

もう一度言います。

 

悪いのは体ではなくて

あなた自身の日頃の行いです。

 

だから繰り返す症状で悩んでいる人は

毎日、自宅でストレッチングをするとか

通院する時間がないのであれば

なおさらセルフケアを充実させるしかない。

美容は特にです。
何もしなければ老化の一途です。

施術する時間がないのであれば
日頃からのスキンケア、体調管理は十分にしなければなりません。

 

それが出来ないのなら通院する時間を作れ!


もういらんやろ・・・

From:治療院

 

先日ニュースで8月11日が山の日になったと言っていた。

2016年から実施されるようだ。

IMG_0217.JPG

 

正直嬉しくもなんともない

むしろ余計なお世話と思っているのは私だけだろうか?

 

お盆と重なるように11日にしたそうだが

そんなに連休を増やしてどうすんの・・・って感じ

 

うちは祝日も関係なく診察をしているのだが、

休みだからと言ってい治療に来る人は多くはない。

 

平日は仕事が忙しく

終わるのも遅いから来れないと言っている人が、

 

祝日や休みの日に治療に来ることは少ない。

なぜだろうか・・・?

 

要するに仕事で忙しいだけでなく余暇も忙しいのだ。

逆に言い換えると

 

治療に時間を割くぐらいなら

他のことをやっていたいというものです。

 

残念ながらそんな人は

スッキリよくなることはない。

 

時間が出来たらくるというのと、

通院時間を作るというのは全然違う。

 

私たちのところに来る患者さんは

後者のタイプがほとんどです。

 

どこかが具合が悪くなるというのは、

時間の使い方を含めて体の使い方に問題あります。

 

体を治すということは、

そういった時間の使い方も見つめ直す機会です。

 

日頃からどういう時間の使い方をしているのか?

 

「時間が出来てから」それとも「時間をつくって」治療に行く

あなたはどっちのタイプですか?


ゴルフに行ったときのこと・・・

かさぎゴルフ.JPG

From:治療院

 

先日、家内とゴルフに行ったときのこと

その日は朝から快晴!

暑くもなく絶好のゴルフ日和でした!

 

早めに着いてストレッチングを入念に行い

いよいよスタート!

 

そこのゴルフ場は初めてで

キャディーさんもいないのでどんなコースかよくわからない・・・

 

1番ホール、途中から大きく左に曲がっている。

あまり飛ばしすぎると突き抜けてしまいそうな距離・・・

 

距離の出ないクラブで刻むか

ショートカットを狙うか迷いどころ

 

ここは安全に短めのクラブ刻むことを選択。

そして打つ・・・・

 

フォァーー

ボールは大きく右に出て山の中に消えてしまった・・・

 

その後も、初めてプレーするコースに翻弄されながら

気が付けば終わっていた・・・

 

いいのは天気だけでスコアの方はボロボロ・・・

 

どうして練習上では上手く打てるのに

ラウンドするとダメなのか? 

初めてのコースの場合はとくにそうです。

 

先が見えないと人間不安になるもの

それは健康も同じです。

 

自分の体(健康)が

この先どうなってくるのかを思うと不安になる。

 

だからあまり考えないという人がほとんどですが、

本当にそれでいいのだろうか?

 

今は良くても必ずどこかでしわ寄せがくる。

 

それでぽっくりと逝けばいいけど

簡単には死なせてもらえないのも事実。

 

仮にすんなり死ねたとしても

死んだ本人はいいが残されて家族が可哀想だ。

 

じゃどうするのか、やっぱり天寿を全うするのが一番!

 

親からもらった命を無駄にすることなく

大切に使いきるよう努力するのが一番!

 

病気になって慌てるより、病気にならないようの予防をする

そんな主体的な人が増えるようがんばろう!

 


雨なのに・・・

From:治療院から

 

先日朝、愛犬のロンをつれて散歩に行ったときのこと

ロンはオスで8歳、我が家の番犬だ!
ろん.jpg


朝、起きると雨・・・

もちろん雨でも散歩に行く(たまにサボるが・・)

 

ロンにカッパらしきものを着せ出発!

いつもなら家を出て左に行くのだが

今日は雨なので時間短縮コースの右に行く

 

雨の日は濡れるのがイヤなので(私が)

右に行くのだが、どういう訳か左に行きたがるロン

 

なんとか力ずくで右に引っぱり出発!

昨夜から降り続いているわりにはまだ結構強く降っている。

 

ふとオシッコをしているロンに目をやると

いつもと同じで嫌そうな素振りもない、

 

裸足で歩くのが冷たくないのか?

濡れるの気持ち悪くないの?と不思議に思う。

 

実はロン、水に濡れるのが嫌いで

庭で水まきをしているときは絶対に近寄ってこない。

 

なので当然雨の日の散歩はイヤだろうと思い、

わざわざ気を使って早く帰ろうと思っているのだが

一向に帰ろうとしない。

 

なんとか力ずくで帰って来た。

ロンも私も結構ずぶ濡れ・・・・

 

濡れたロンの足をタオル拭きながら

「お前ぬれるの嫌いやったんちゃうん!」

思わず犬に向かって言ってしまった・・・・

 

なんで平気なん・・・

 

庭で水を撒いているときはあんなに嫌がって近寄ってこないのに

雨の日でも散歩は別のようだ・・・?

 

どちらも濡れるのは同じなのに

一体なにが違うのだろうか・・・・

 

私が真夏に2時間歩くのは嫌だけど

真夏にゴルフを2時間するのは平気というのと

同じようなもの・・・?

 

犬に聞けないので自分なりに納得した・・・

 

犬はともかく人間の場合、同じ行動をとるのでも

目的が違えば苦が苦ではないということ・・・

 

たとえば健康管理のためにジムに通うというのも

楽しい友達に会いに行くと思えば通うのも楽しくなるみたいなもので

 

「ジムに行ってしんどいトレーニングをする」から

「友達会いにジムに行く」であれば続けられそうですよね。

 

運動が続けられないという人は、お友達と一緒に始めてみてはいかがですか?

 

今日の散歩

私には苦でした・・・

 

 

LINEで息子から・・・・

昨日、LINEで息子から連絡あった。

 

日頃ほとんど連絡がないのだが

調子が悪いので治療をして欲しいとのこと

IMG_0004.jpg


私の携帯にはこうやって

家族から治療の予約が入る。

 

帰宅して症状を聞くと

何やら頭の中に水が溜まったようで

スッキリしないらしい・・・

その上便秘ぎみで・・・


さっそく脈を診て、舌を診てお腹、

そして手足のツボと背中を診る。

 

ちなみに息子は受験生で日頃から運動不足ぎみ・・・

頭ばかり使って体をあまり動かさない典型的な

自律神経の交感神経過多。

 

現代人に多いタイプの体で

季節の変わり目に体調を崩しやすい。

 

私たち人間の体は、冬のあいだは体から熱を

漏らさないようになっているのだが、

 

暖かくなってくると反対に

体温を外へ漏らさないといけない。

 

この調節が上手くいかないと、体の中に余分な熱が溜まってしまい

その熱がこもって便秘になる傾向が強い。

 

こういう自律神経のアンバランスな人は

適度に運動をして汗をかくようにするのがおすすめです。

 

うちの息子の場合も養生指導としては

運動して汗かけということで納まるところに納まる。

 

こんなふうに我が家の子供たちは、小さい頃から

何かあると私が鍼治療をしていたので

 

嬉しい事に、なんか調子が悪くなると頼ってくる。

調子が悪い=鍼治療なんて普通はあまりならないですよね。

 

これってやっぱり日頃から慣れ親しんだいるというか、

親の影響というか・・・

 

人は日頃からどういう情報を得ているのか?

それを誰から得ているかというこで行動が全然違います。

 

情報社会の現代においてあなたの健康は

どんなところの誰から情報もとに健康管理をしていますか?

 

アンチエイジングの情報は私におまかせください!


しまった・・・!

From:渋谷のハンバーガーショップ


 

ピッピッピッッッッ

アラームの音ので目が覚めた。

渋谷.jpgのサムネイル画像

 

なんとも、寝覚めの悪い朝だ・・・

 

きのうから研修で東京に来ていて

昨夜は、渋谷のホテルに泊まった。

 

それは、1週間前のこと私は宿泊先を探していた。

普段なら、もっと早めに手配をしておくのだが

 

美人で優秀な秘書がいるわけでもないので

ついつい忘れてしまって・・・

 

1週間前だと空いているホテルは

15000円以上するようなところばかりだった。

 

そんな中で見つけたのが一泊5100円!

チェックインが22時以降という条件つきですが

 

渋谷でこの料金は安い!

Webを見る限り普通のビジネスホテルのようだし

なんの問題もない・・・

 

あまりにも安いのでどうかな?と思いながら、

研修会場からも近いのでとにかく予約をしてみた。

 

そして研修の一日目が終わり

チェックインのためホテルを探す。

 

でも・・・

これがなかなか見つからない

 

渋谷の駅周辺を30分ぐらい探して

ようやく繁華街の真ん中で看板を発見!

 

・・・でも入り口がわからない。

 

一階にはイタリアンバーがあってかなりの人で賑わっている。

 

仕方がないのでお店の人に入り口を聞くと

「この裏側になります。」と・・・

 

裏側・・・・ってどうも怪しい・・・?

 

人通りの多い表側ではなく

人目の少ない裏側しかも2階ってなんか変・・・?

 

そんなことを思いながらようやくフロントへ

「予約をしていた藤本ですが・・・」

 

そう言ってカウンターの端にあった料金表に目をやった

ショートタイム¥3240

 

えっ・・・

ビジネスホテルでショートタイムってなに??

 

そんなことを思っていると奥から若いカップルが出てきて

チェックアウトをしている!

 

まさか連れ込み・・・

 

しまった!! 

その瞬間、急に不安が倍増した。

 

でも今更キャンセルするわけにもいかないので

渋々、案内された部屋に行ってみる。

 

扉をあけるとまず目に入ってきたのが

薄いマットレスの上に白いシーツを掛けただけのシングルベット

 

そして扉の右手にはユニットバス、

部屋の広さは6畳あるかないかでクローゼットがない。

 

安くて近いからという理由でこのホテルを選んだ私は、

安眠と休息が提供されるであろうホテルから

ほど遠い空間に来てしまったのです。

 

そして一日目の疲れを残したまま

二日目の朝を迎えることになってしまったのです。

 

治療院選びも同じです。

保険が効いて安いからとか、家から近いからという基準で

大切な体を診てもらうところを選んだ結果

 

本来の目的である

症状の改善というものが得れていない人がほとんどです。

 

私たちは日頃から商品をサービスを選ぶときに

少しでも安いところを探す習慣があります。

 

でも考えみてください。

お金とは価値です。

 

そのお金(料金)が安いということは

その商品やサービスの質は低いということです。

 

いいものは高く

安いものはそれなりです。

 

治療も同じです。

医療費の高騰でなんでも保険がきいて

受けることが難しくなってきています。

 

大切な体にどのくらいのお金をかけることが

できるのか?

 

病気になってお金と時間を使う事を考えれば

病気にならないように、予防をしていくことで

お金も時間も節約できます。

 

だから最近、予防に取り組む人が

すごく増えてきています。

 

病気になってから時間とお金を使うのか

病気にならないように時間とお金を使うのか

 

あなたはどっち・・・?

 


最近、これにハマってます!

From:治療院


普段あまりテレビを見ないんですが

最近、ハマっている番組があります。


それは、『ブラック・プレジデント』と言う番組で

 

社員に厳しいことで有名な企業の社長が
大学に通って、
いろいろな事が起こるという感じの話しなんですが

 

その社長の歯に衣着せぬ発言に

うんそうそう、よく言ってくれたと共感してしまう!

 

大笑いしている私を見て家内が

そこまで面白い? って顔をしてますが・・・・

 

でもこれは仕方のないことです。


院経営をする経営者としての私と

そうでない家内に違いがあるよに

 

人は自分の考え方や価値観にあっているものを選ぶということです。

 

治療院選びもそうです。

 

先日、ひざの痛みを抱えながら

介護の仕事をしている方が相談に来られました。

 

病院から手術を進められているのですが、

仕事が忙しく休むことが出来ないので

時間が取れるようになるまで

何とか保たしたいと言っていました。

 

でも・・・

はっきり言って無理です。

 

一時は良くなったとしても

いずれまた痛みは再発するでしょう。

 

なぜなら、痛みとは体からの信号だからです。

ハルカスから.JPG

 

動かして痛いということは、

動かしてはいけないということで

痛みをなくしたいのであれば

痛みのでる動作はしてはいけない。

 

これが原理原則です。

慢性的に痛みを繰り返している人が、

体の使い方を変えるだけで
痛みが改善するということはよくあります。


もしあなたが、繰り返す症状で悩んでいるなら
一度、体の使い方(生活習慣)を変えることをオススメします。
 

体を治すとは

体の使い方をなおす(見直す)機会だというこです。


 


1

« 2014年4月 | メインページ | アーカイブ | 2014年6月 »

このページのトップへ