HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年2月アーカイブ

院長ブログ 2014年2月アーカイブ

アンチエイジングの奥義

アンチエイジングと言う言葉
よく若返りと誤解している人がいますが・・・
実は、そうではありませんsign02

アンチエイジングとは
積極的に老化を予防していく行為の総称です。happy01

老いを予防(防ぐ)ということなので、
決して40歳の人が35歳に若返るということではありません。

美容鍼を続けていくと
たるんだフェイスラインがキュッとあがり、ほうれい線も薄くなり、happy01

確かに受け始める前よりも若々しくup
見えるようになるので、

続けていくと20代のころに戻る・・・sign02
と錯覚を起こしそうになりますが、そんなことはありません。

2年以上当院で美容鍼を続けられている患者(A)さんは、
奥様に結婚当初の顔に戻ったと言われ大変喜んでいましたが、

この方がこのまま続けていくと10代のころの状態に戻るのかthink
というと残念ながらそんなことはまずありません。down

なぜなら、時間は後戻りしないからです・・・think

この時間軸で体を考えると
肉体はどんどん衰えていく下り坂で
これだけは避けることはできません。wobbly

だから美容鍼をすることで
ある程度のところまで若返りますが(これだけでも凄い)

大切なのことは
今の良くなったお肌の状態を
これから先どれだけ維持していけるのかということで、

本当のアンチエイジングは
これからです!up

これから先、どれだけメンテナンスを
続けることが出来るのかが大切で、

そこを疎かにすると
せっかく継続して築いたものが台無しです。down

アンチエイジングとは、どれだけ長く続けられるかがとても大切です。shine

日常生活習慣にもよりますが、美容鍼の場合
月1回、2回の施術でメンテナンス(現状維持)ができます。notes

長く続ければ続けるほど
始めるのが早ければ早いほど
あなたと周りの人との差は歴然です!shine

Suinaは、そんな前向きな素敵な人が集まるところです!happy01



正しい洗顔のやり方

スキンケアの基本は、洗顔→保湿→保護の3つですが
このなかで一番大切なのは洗顔です。sun

洗顔のし過ぎや間違った洗顔は角質層に
ダメージを与え、乾燥肌、脂性肌、敏感肌など
さまざまなトラブルの原因にもなります。

だから洗顔を正しく行うだけで
肌の状態がよくなる人もいますsign01

洗顔の目的は酸化した皮脂や
メイクの汚れを落とすことです。

ちなみに表皮には女性で20層、男性で50層ぐらいの
古くなった表皮が層となっているのでsign03

化粧をしていない男性であっても、クレンジングで
表皮に溜まった皮膚の死骸を落とすのがベストです。think

もともと肌には自浄作用があり
汗とホコリはぬるま湯で十分に落とせます。

だから、洗顔料を使うのは毛穴の奥の汚れを
泡で綺麗にするイメージで洗うと良いでしょう。happy01

そのためには、まずは細かいモチっとした泡がたつ
洗顔料を選ぶことが大切です!happy01

そして適量を手にとり泡立てネットなどで泡だてる。

卵ぐらいのモチモチした泡ができたら、手と肌の間に
クッションの用に泡を乗せ、まずはTゾーンやアゴなど、

皮脂が多い部分から
なるべく指が肌に触れないようやさしく洗い始めます。

目元や口元は泡を乗せるだけで十分です。happy01

そして洗顔料が肌に残らないように
ぬるま湯で最低20回以上はすすぎましょう。happy01

あとは、清潔なタオルで顔を押さえるように
水分をふきとり、3分以内に保湿をするよう心がけましょう!think

face.gif

 


たるみの原因ってご存知ですか?

こんにちは藤本ですhappy01

年齢とともにあらわれるしわや頬のたるみ
実にイヤなものです・・・shock

そんなイヤなたるみが
どうしてできるのかを書いてみました。shine

皮膚は外部からのさまざまな刺激や乾燥から、
体を保護する大切な役割をしています。
その厚みは、
表皮+真皮で1.5mm〜4mm。
面積は成人の場合、全身で約1.6㎡(畳一畳ほど)あります。

皮膚は表面から順に
「表皮、真皮、皮下組織」に大きく分けられ、
厚さは年齢、性別及び部位により差があります。


 たるみには大きく分けて3つあります。

① 肌の弾力低下

真皮層内でコラーゲン、エラスチンの質が変化して肌の弾力が失われます。


② 皮下脂肪の肥大化

皮下脂肪は皮下組織の大部分を占め、エネルギー貯存、保温などの働きがあります。
この皮下脂肪が年齢を重ねることによる代謝機能の衰えで肥大化し、重力の影響で
下方向にへ落ちます。


③ 筋肉の質の低下

顔の表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についているため、細かな
表情をつくりだすことができます。加齢にともない腕や足の筋肉が衰えるように、顔
の筋肉も衰えていき、その上に位置する皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。

顔筋.png

1

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年4月 »

このページのトップへ