HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2013年12月アーカイブ

院長ブログ 2013年12月アーカイブ

老化・・・ってなに?

IMG_0262.jpg

こんにちは藤本です

 

もうすぐお正月ですね、

また一つ歳をとりますね・・・

 

子供のときは成長、でも大人になると老化・・・

 

内面的に成長することはあっても

肉体的には20歳を過ぎた頃より

どんな人でも老化します。

 

では、この老化・・・

 

私たちの体のなかで一体どういうことが

起きているのでしょうか

 

それは、ズバリ細胞の酸化です。

 

ちょうどなんの手入れもせづに

長く乗り続けた自転車がサビてくるのと同じです。

 

そして、この酸化を早めているのが

活性酸素です。

 

この酸化力の強い活性酸素が

すべての細胞を傷つけ、サビさせるのです。

 

前回に、50歳を過ぎると体を動かすメインエンジンが

「ミトコンドリアエンジン」に代わると書きましたが、

 

ミトコンドリアエンジンは

酸素を原料とするので、多くの酸素を取り込んでいます。

 

しかし白米やパン、麺類といった

食べ物を主食にしていると「解糖エンジン」に邪魔をされ、

 

「ミトコンドリアエンジン」が支障をきたし、

取り込んだ大量の酸素が活性酸素に変わってしまうのです。

 

だから、体の老化を少しでも防ぎたい人は、

50歳を過ぎたら主食をやめるのがおススメです。


50歳になったら炭水化物をやめる!

こんにちは藤本です
今週は、先週の続きです

では、なぜ50歳を過ぎたららーめん.jpgのサムネイル画像
炭水化物を取らなくてもいいのか

それは、ガソリンと電気で走る
ハイブリット車のように

人の体も二種類のエンジンに分かれており、
そのメインとサブが入れ替わるのが丁度
50歳くらいだということです


だから50歳になったらエンジンの燃料となる食生活を
大きく変える必要があるのです。

一つ目のエンジンは「解糖エンジン」といって
糖分を燃料としてエネルギーを作る解糖エンジンで

主に炭水化物を糖に変え、瞬発力のある動きをしたり、
皮膚や粘膜、骨髄の細胞の材料を作り出すのに対して、

もう一つの「ミトコンドリアエンジン」は、
酸素を燃料としてエネルギーを作り出します。

こちらは持久力に優れ
心臓や脳の神経細胞など
持続してエネルギーの必要な部位への供給を担当します


ミトコンドリアとは細胞内にある小さな器官で、
一つの細胞の中には
数個から数千個という数のミトコンドリアが存在して、

その役割は酸素を吸って
エネルギーを生成することです。


地球の生物の進化の歴史をたどると
この「ミトコンドリアエンジン」は、
地球上が酸素に覆われて、表面温度が上昇する中で
築かれてきたエネルギー系なので

酸素が豊
富で体温が高い状態でよく働きます。

だから50歳以上の人は
体を冷やさないようにして、出来るだけ体温を高く保ち、

酸素をたくさん吸い込むような
体の動かし方をした方がいいと言えます。


高齢者に太極拳やヨガがいいとされるのも
こうした体の仕組みを知れば納得のいく話です


そして何よりも心臓や脳の細胞は
主に酸素で動いているということです。


また、50歳を過ぎて炭水化物をしっかり取っていると
解糖系のエンジンが活発に活動し、
ミトコンドリア系
エンジンの邪魔をしてしまいます。


そしてその結果
体内に取り込んだ大量の酸素が活性酸素に変わり、


この活性酸素が体のすべての細胞を
酸化させることで病気や老化が進むのです。


「解糖エンジン」の働きを抑え、
「ミトコンドリアエンジン」を優位にさせることが


50歳以上もエネルギッシュに活動するうえで
必要なことなんです。

人の寿命を決めているものって知っていますか?

こんにちは藤本です
最近読んだ本に興味深いことが書いてありました。

IMG_0242.jpg

東京医科歯科大学名誉教授の

藤田紘一郎先生が書いた本なんですが、

「人間の体は50歳を境に生理機能が
大きく変わる」ということです。

そもそも人間の寿命は何よって
決まるかご存知ですか

それは「ミトコンドリア」「テロメテア」
「長寿遺伝子」「腸内細菌」で決まると言われています

また、病気にないやすい人と健康でいる人の
「病気のリスク遺伝子」を比べてみると
全く同じであることもわかりました。

つまり病気になるかどうかも、遺伝というよりは、
日々の生活の中で、上に書いた4つの物質を
うまく活性化できているかどうかにかかっているのです。


逆にいえば、50歳を超えたら
それらの物質を活性化する食事を送ることで

「ボケない」「老いない」長寿人生は
誰にでも実現できるということです。


では一体どういう食事を心がければいいかというと
「白米」「うどん」「パン」などの主食を取らないということです


じぇじぇじぇ・・・

なぜ?
主食を取らないでいいのか・・・


後編へつづく・・・・

そんなに甘くはない!

こんにちは藤本です。
先日、パソコンをMacに換えました

やっぱりイイ
何がいいか語れるほどの知識はないけど・・・
スッキリしてカッコいい


パソコンも新しくなったので
これからどんどん更新していきますね


さて、今年もあと30日を切りました
また一つ歳を重ねるわけですが、
早いもので、この世界に入って来年27年目を迎えます。

ざっと計算して26年間で
延べ119,808人の患者さんを診てきました。

そして、あることに気がつきました。
それは・・・

みんな都合が良すぎる・・・

というのも大半の人が
一回の治療で良くならないと思いながら、
奇跡的に良くなることを期待している。

でも現実はそんなに甘くはない


そもそも病気やケガは必ずと言っていいほど
体の使い方や環境、生活習慣といったものに問題がある


だからその問題を先送りにしながら
症状だけを改善するには当然時間がかかる


10年かかったおかしくなってきた体が
1回や2回で良くなりますか


そして、そこには老化といった厄介な問題があることをお忘れなく

だから、健康なうちから予防につ努めることをおすすめします

PS:
私、最近ジムで初めてヨガをしました。
受けたあと体がスッキリするので
時間が合うときには積極的に受けています。


自律神経を整え筋肉を柔らかくすることは、
体のケアに最適ですね


衰えを防ぐために鍛えなくては
いけないと思う人が多いようですが、

35歳を過ぎた人には
鍛えることよりヨガなどで柔軟性を高めることがオススメです


~年末年始のご案内~
年末は12月28日(土)まで
年始は1月5日(日)午前9:00~12時まで

予約はお早めに

1

« 2013年11月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »

このページのトップへ