HOME > 院長ブログ

院長ブログ

先月、結婚式で・・・

From:治療院

先月、姪の結婚式に出席したときのこと、
この日は久しぶりに家族4人でのお出掛けです。

子供たちも無事に成人し互いの生活リズムで過ごしているので
一緒に暮らしていてもなかなか揃いにくくなっている今日この頃、

車に乗っていざ和歌山まで、
2時間程走って無事到着。

閑静な住宅街の一角にあるとは思えないような
式場で今時の感じです。

最近は、核家族化で出席する年配の方も少なめ、
というよりも私が歳をとったのか・・・

何はともあれ式も終わり館内を案内されそのまま披露宴へ、

食事とお酒を堪能しながら気楽にしていると
何だか私の目から涙が・・・

自分でも不思議なくらいあふれてくる。

幼いころから特別に可愛がっていたということでもないのに、
無事に成長した喜びと一抹の寂しさなのか、

自分の娘の結婚式でも
絶対に泣かないだろうと思っていた自分が
ポロポロ涙を流している。

そんな私の隣りで
家内が不思議そうに笑っている。

久しぶりに感動した良い結婚式でした。
おかげで家に帰った頃には何とも言えない虚無感に包まれた・・・

仕事柄、人が老いてゆく姿は良く見ているけど、
誰もが成長があって老化がある。

子供が成長するということは
自分の親は死に向かっているのだと、

そうやってすれ違うようにして
順繰りに命をつないでいってるんだとしみじみ感じた。

だから自分もその責任をちゃんと果たそう!
せめて孫が結婚するまでは夫婦で元気でいたいものです。

そのためにはアンチエイジングの実践は欠かせませんね!
これからもアンチエイジングの専門家として頑張ろう!
IMG_1079.jpg


腰痛が治ったら歌が上手くなった

From:治療院

 

 

先日から腰痛で治療に来られた患者さん、

治療を開始して2週間ぐらいで随分よくなり

久しぶりに歌のレッスンに行ったそうです。

 

するとい腰痛になる前よりも

声がしっかり出るようになったとのこと

 

今まで感じたことのない声の出方で

歌の先生から指導されていたことが

よく分かったと喜んでいました。


今まで歌の先生からは

「もっと姿勢よくして歌いなさい」

と指導されてはいたけど・・・

 

いくら自分で良い姿勢を意識して歌っても

こんな感覚では歌えなかったと不思議がっていました。

 

それもそのはずです。

 

良い姿勢を意識して出来る人は少ない。

50才以上であれば尚更です。

 

それは体を支える筋肉が硬くなって

働きにくくなっているからです。

 

もしあなたが50才を過ぎているなら

ハードな筋トレをするよりも

力を抜くことがオススメです!

 

四つん這いになって

猫のポーズで確認してみてください。


力が抜ける感じが分かればOKです!


2nekosum2-1200x630.png

 


もう・・・、それともまだ・・・

From: 治療院

 

こんにちは藤本です。

時が過ぎるのは早いもので、もうすぐ2月・・・

そう思うと寒いのもあとしばらくですね。

 

私は今年、年男なので

誕生日が来れば48歳になります。

 

そんな話しを患者さんにすると

「先生、まだ若いやん、家の息子よりチョット下やな・・・」

 

なんてことを言われます。

 

ある化粧品会社が東京近郊に住む50代女性に

肌年齢調査を実施したところ

 

「まだ50代だと思う」人と

「もう50代だと思う」人の

年齢肌が7.1才も違ったと発表しました。

 

紫外線や乾燥だけでなく

ネガティブ思考こそ、肌の老化を早める要因かもしれない・・・

 

だとしたらいくら紫外線対策、保湿をしていても

「もう50だから・・・」

と思っているだけでどんどん老化が進んでいく

 

怖っ~!

 

もう○歳、それともまだ○歳

 

あなたはどちら選びますか?


はじめての通院 [vol.2]

From:治療院

 

先日、介護認定調査を受けた母の認定結果が出ました。

要介護2という結果でした。

 

この介護度によって介護サービスに支払う

自己負担金額が変わってくる。

 

例えば、術後の経過を診察してもらうために

通院するのに介護タクシーを利用した場合、

 

要支援では介護保険の対象外となります。

 

そして要介護1以上であっても

事前にケアマネージャーさんと打ち合わせをして

ちゃんとケアプランを立てなければなりません。

 

私の母の場合も

事前にケアマネージャーさんと打ち合わせをして、

 

何時に迎えに行けばいいのかとか、

病院内の移動は1人でも大丈夫かとか

色々と確認した上で通院の計画を立てていました。

 

おかげで家族が付き添い出来なくても

通院する事が出来ました。

 

とてもありがたいことです。

 

このようにサービスを受ける本人や家族、

その両方にとって有意義なサービスであればいいのですが、

 

同居している家族に気を使って

デイサービスや施設に入居している方も少なくはない。

 

その一方で介護離職者が増えているという現実もある。

 

介護保険が開始して16年・・・

国はこの制度をどう舵取りしていくのだろうか?

 

・・・・

あまり期待できないので、

出来るだけ頼らないで生活していけるようにしたい。

 

それが一番幸せなのかも知れない。

 


退院したからいいわけではない・・・(vol.1)

From:治療院

あなたは入院をしたことありますか? 

 

一定の期間入院していると

体力が落ちるということはなんとなく分かりますよね。

 

では実際にどんな問題が出てくるのかということについて

話したいと思います。

 

まず知っておいてもらいたいのは

病院では治療はしてくれますが、

体力を戻すところまでは面倒をみてくれません。

 

それは国の施策で高騰する医療費を抑えるためです。

 

私の母も先月退院しましたが、

以前のようにしっかりと歩行が出来ない状態、

 

しかも今回は腹膜炎の手術をしたことで

人工肛門を付けての生活です。

 

団地の3階に独りで暮らしている母。

 

一番心配だったのは透析に通うために

3階まで階段を上り下り出来るのか、

 

台所に立って調理が出来るのか、

そして人工肛門の管理など…

 

そんな退院してからの生活を

支援してくれるのが介護保険です。

 

病院の勧めもあり、退院後のサポートを受けるため

入院中に介護認定調査を受けました。

 

この調査結果が出るのに1ヶ月以上はかかるらしい。

 

でも母親のように退院してすぐに

医療のサポートして欲しい場合は、

 

主治医の先生から特別指示書というものを書いてもらえば

看護師さんに訪問してもらえます。

 

介護保険はあくまでも生活の支援で

医療の支援は医療保険というのが今の日本の制度です。

 

さて一番心配だった階段の上り下りも

退院してすぐのときは、手すりにしがみつくように、

それこそ根性で上ってましたが、

 

絶対に行かないといけない週3回の透析。

 

この3階までの階段がいいリハビリになり

少しづつ上りやすくなっているようです。


食べ過ぎとほれい線の関係

From:治療院
 
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 
慌ただしかった年末年始も過ぎ
いつもの生活に戻っているころだと思いますが、
実家で家族が揃って食事をしたという方も
多いのではないでしょうか?
 
何かと飲んだり食べたりが増えるこの時期、
胃腸は休む間もなく働き続けています。
 
肌がたるんだり張りがなくなるのは
この胃腸との関係があることをご存知ですか?
 
病気をして食欲がなくなると
筋肉の張りがなくなり、肌がカサカサになってきます。
 
これは病気で動かないだけでなく、
食べ物から栄養を取っていないからです。
 
昨年の10月に腹膜炎で入院した私の母も、
救命病棟にいた3週間は
口から食事をとることが出来ませんでした。
 
すると肌のツヤはもちろん張りはなくなり、
顔のしわも急激に増えました。
 
そんな母も年末には退院し
自分の食べたい物をしっかり食べれるようになってくると、
 
顔のしわも減り、
肌の張りも良くなってきました。
このように顔が老けるるということは、
内蔵の働きと関係があり
 
日によって肌の張りが違うという人は、
胃腸の働きが弱っているかもしれません。
 
ちなみ容貌の変化と病気の関係として
・生え際、頭頂部のハゲ、
・頭冠部のハゲ
・耳たぶのシワ
・眼瞼黄色腫
の4つは心疾患のリスクがあると学会で報告されています。

こんな間違いしていませんか?

from:治療院

 

「先生、家で何かできることありませんか?」

治療に前向きで熱心な患者さんがよくする質問です。

 

でもチョット待って!

その前に大事なんことがあります・・・

 

今から5年ぐらい前に来ていた

20代女性の患者さんのこと

 

美容皮膚科でビタミンC注入ているので

お金が掛かって大変とのこと

 

美容に気を使っているんだなと思って聞いていたら

何か違う・・・・

 

実はこの女性、喫煙の習慣があって

タバコを吸うのでビタミン注入をしている。

 

それって違うやん!

思わず言ってしまった・・・・

 

喫煙により肌の酸化(老化)を早めることは

大半の女性なら知っているはず・・・

 

実際、この女性も知っていました。

 

じゃ何でタバコを吸うことをやめないのか?

 

タバコをやめれば、タバコ代だけでなく

美容皮膚科代も浮いてくるのに・・・・

 

肌の老化だけでなく、

繰り返しおこる腰痛や肩こりが治らないのは

 

身体の問題だけでなく

あなたの行動に問題があります。

 

身体にいいことをたくさんしても

問題のある行動(使い方)を

改善しない限り治らないのは当たり前です。

 

病気や症状は、
そんな問題行動に
気付くために発症するんです。
images-3.jpg


イチロウとの散歩・・・

From:治療院

 

朝、愛犬ロンを連れて散歩に出掛けたときのこと

何だかロンがソワソワしている。

 

理由は簡単、今日はいつもと違う人が

一緒に散歩をしているからだ。

 

それがイチロウ・・・

 

実は、我家の長男、

未だ大学からの合格通知が来ず、

後期試験に向けて悪戦苦闘中。

 

一浪で済むか

二浪になるのか?

 

それが結構プレッシャーになっているようで、

その気分転換に「一緒にに散歩するわ・・・」とのこと、

 

この歩くということ

実は寿命とも深く関係がしているようで、

 

米国主体の9件の追跡調査に参加した、

65歳以上の高齢者

34,485人(平均73.5歳)のデータを分析した結果、

 

歩行速度が速いか遅いかで、

その後の生存率に

大きな個人差があるということが分かりました。

 

私たちはふだん何気なく歩いていますが、

この歩行速度が高齢者にとって

その後の寿命を予測する目安になるということは、

 

今当たり前に出来ていることすべてのことに感謝をして、

今後もそれが当たり前にできるように努力する。

 

これが日々の健康管理で

これが当たり前にできるようになれば

ピンピンコロリと逝ける・・・

 

これって当たり前か・・・・


戦国武将のパラダイス

From:治療院

 

先日、家族で高野山に言ったときのこと

その日は、朝から曇り・・・

 

天気予報ではところによりにわか雨という

予報だったので.折りたたみかさを持って自宅を出発

 

自宅から難波まで行って

特急高野で極楽橋駅まで、

 

そこからはケーブルで

一気に500メートル上がったところが高野山だ。

 

駅に着くと一面の銀世界

バスに乗り、奥の院までわくわくしながら行く

 

高野山へ来るのは今日が初めて!

数日前にふと思い立ちすぐ予定を入れた。

 

たまたま子供たちも休みだったので

じゃあ、ということで家族4人で小旅行。

 

伊達政宗、真田幸村、上杉謙信、

豊臣秀吉に織田信長など

 

戦国武将のお墓があるのが有名だ。

 

あたり一面は真っ白な

老杉のなかに、たくさんのお墓がある。

IMG_0654.JPG
るで別世界・・・・・

 

今年の春から1200年祭が始まるらしい

 

ずっと奥へ進んで行くと弘法大師が62才のときに

入廷したと言われている大師御廟がある。

 

なんとも厳かな雰囲気・・・・

合掌・・・・・

 

戦国の武将たち

何を想う・・・・

 

人は必ず死ぬ

どんな逝き方をするか

それが決まれば生き方が変わる。

 

最近は、

終活なるものがあるらしい

 

ピンピンころりと逝くために

今から取組んでみてはいかがでしょう・・・
 


チョコレート疑惑・・・

チョコレート疑惑・・・

From:治療院

 

先日のバレンタインデー

患者さんから頂いたチョコ家に持って帰った。

 

喜んだのは娘と家内

確か去年までは何かくれていたのだが

今年は忙しかったのか何もない・・・・

 

でも私がもらったチョコを

「テレビで言ってたけどチョコレートって

アンチエイジングにいいねんて・・・」

 

やばい・・・

持って帰ったチョコが狙われている。

 

どうやらカカオの抗酸化作用のことを

テレビで言っていたらしい。

 

でも、みんなが好きな甘~いチョコでも効果があるのか?

 

アンチエイジング効果と言いながら

甘いチョコをパクパク食べる・・・

 

きっと逆効果だろう

アンチエイジングのためと言いたいのであれば

 

カカオがたっぷり入った

苦~いのを食べなきゃダメでしょう!

 

ちなみニューヨークでは

カカオ71%のこんなのが流行っているらしい。

IMG_0640.jpg

ホンマでっか・・・


12345678910

アーカイブ

このページのトップへ